40代の大人女子は必見!~アトピーにも使える基礎化粧品~

女性

アトピーは保湿が大切

美容

アトピーの肌はわずかな刺激でも炎症を起こしてしまうため、肌に塗布するものには注意しましょう。また、アトピーは清潔に保つことが大切です。肌に汚れや汗などが残っていると刺激され、アトピー性皮膚炎を悪化させる恐れがあります。さらに、かゆみやヒリヒリを引き起こす可能性もあるので注意しましょう。また、アトピーの人は、入浴時に使用する洗顔料やボディーソープ、シャンプーなどに注意しましょう。低刺激でやさしいものを使用することが大切です。清潔にするといっても、過度な洗顔や長時間の入浴は乾燥を引き起こしてしまうので注意しましょう。アトピーの肌は乾燥に弱いといえます。もともとアトピーは肌が乾燥している状態にあります。その上、乾燥してしまうとさらに肌のバリア機能が失われ、刺激を受けやすくなってしまうのです。そのため、保湿化粧水や保湿クリームでしっかりと保湿ケアを施してあげることが大切です。

肌のバリア機能が低下しているアトピーは、まずセラミドを補給して肌を潤しましょう。セラミドには、肌を保湿する効果や有効成分を肌内部に届ける役割を担っています。アトピーは肌表面が荒れているように見えますが、実際は肌内部から乾燥している状態にあります。そのため、奥から保湿するためにも、まずはセラミドの入ったスキンケア化粧品で肌を柔らかくしましょう。次に、ヒアルロン酸を浸透させると肌に水分を与えることができます。また、与えた水分が蒸発してしまわないためにも、クリームや乳液などでフタをしてあげることも大切です。とはいえ、何度も肌に触れたり、化粧品を重ね付けたりすると、アトピー肌はそれだけでも刺激を受けてしまう恐れがあります。触れる回数が少なくなるオールインワンゲルや低刺激のスキンケア化粧品を使用してアトピー肌を改善していきましょう。